トップページ > 施設基準

施設基準standard for facility

  1. 入院基本料等に関する事項
    当院は、「入院基本料の施設基準」等のうち次の各項目に適合しています。
    (1) 15対1入院基本料 <一般病床:2階病棟 49床、3階病棟 50床>
    看護補助加算(6対1)

    (2)療養病棟入院基本料2 <療養病床:4階病棟 50床>
    25対1看護配置
    25対1看護補助配置

    (3)療養型介護療養施設サービス費(Ⅰ) <療養病床:5階病棟 50床>
    「療養型介護療養施設サービス費」のうち「療養型介護療養施設サービス費(Ⅰ)」に適
    合しており、(日勤・夜勤あわせて)入院患者6人に対して1人の看護職員(全員有資格者
    で、うち2割以上は看護師です。)がいます。また、入院患者4人に対して1人の看護補助
    者がいます。

  2. 施設基準の適合性に関する事項
    当院は、次の各項目について施設基準等に適合しています。

    脳血管リハビリテーション(Ⅲ)
    運動器リハビリテーション(Ⅰ)
    呼吸器リハビリテーション(Ⅰ)
    コンタクトレンズ検査料1
    CT単純撮影マルチスライス型
    地域連携診療計画退院時指導料(Ⅰ)
    がん治療連携指導料
    透析液水質確保加算2
    輸血管理料2
    輸血適正使用加算

  3. 入院時食事療養費
    当院は、「入院時食事療養の基準等」のうち次の項目に適合しています。 入院時食事療養(Ⅰ)
    「入院時食事療養(Ⅰ)を算定する食事療養の基準」に適合しております。
    管理栄養士により管理された食事が適時(夕食については午後6時以降)、適温で提供されております。

  4. 特別の療養環境の提供
    「特別の療養環境にかかる料金(室料差額)」徴収病室が21室22床ございます。
    室料(金額)については次の通りです。

    ・個室  1室 1日につき6,480円(税込)
    ・2床室 1室 1日につき2,160円(税込)

  5. 保険医療機関の従業者以外の者による看護(付添看護)について
    当院においては、患者の負担による付添看護は実施しておりません。

  6. 医療機関の指定状況 救急告示病院
    労働者災害補償保険法指定医療機関
    労災保険二次健診等給付医療機関
    協会けんぽ生活習慣病予防健診実施医療機関
    感染症の予防及び感染症の患者に対する医療の法律による結核患者の適正医療
    障害者自立支援法による更生医療
    原子爆弾被爆者に対する援護に関する法律による一般疾病医療
    特定疾患治療費等治療研究事業による医療
    肝炎治療特別促進事業に係る医療
    児童福祉法による小児慢性特定疾患治療研究事業に係る医療
    児童福祉法の措置等に係る医療
    生活保護法による医療扶助