トップページ > 診療内容 > 診療科目

診療科目specialities

内科

内科系に属する主な部門は、循環器、消化器、呼吸器などがあり、
それぞれの部門で専門家が高度の医療を行っております。

循環器科

近年、ライフスタイルの変化や高齢化により、高血圧、狭心症、心筋梗塞、不整脈、動脈瘤、脳血管障害等の循環器疾患が増加し、悪性腫瘍を凌いで死因のトップとなっています。長寿の秘訣は血管を若く保っておくことです。
当科では、特に上記疾患、心不全、末梢血管疾患等を対象に診療を行っています。
心臓超音波検査、24時間心電図、運動負荷心電図、血圧・脈波検査(ABI/PWV)等の非侵襲的検査を行い病状を的確に判断し、患者様に投薬治療、生活習慣の指導を行っています。
また、専門性の高い検査や治療が必要と考えられる場合には、高度専門施設に紹介して、患者様が最善の医療を受けられるように、最善をつくして治療にあたっています。

内分泌内科(糖尿病外来)

糖尿病は、自覚症状に乏しいため、健診等で異常の指摘があっても、症状がないから急がなくてもいいと放置してしまっている方が非常に多いものです。しかしながら、はじめは無症状でも、一旦、合併症(網膜症、腎症、神経障害、脳梗塞、狭心症、心筋梗塞、足壊疽等)を発症したら、日常の生活に支障をきたす症状や病態が生じ、生命に関わるもとになるのが糖尿病の恐ろしいところです。糖尿病を早期に発見し、日々の血糖値を上手にコントロールできれば、合併症の発症・進展を予防することができます。
当外来では、生活習慣病の代表的な疾患である、糖尿病・高脂血症を主に診療しております。健康診断や人間ドックで、血糖値やコレステロール、中性脂肪などの異常値を指摘された方やご心配な方は一度ご相談ください。

胃腸科

当院では以下の検査を行なっています。

胃内視鏡検査
胃内視鏡検査は、胃の中はもちろん、食道、十二指腸の病気を調べる検査です。

大腸内視鏡検査
大腸のポリープや大腸癌などの発見に有効です。
※尚、当院では内視鏡自動洗浄装置を導入し、ハイレベルの内視鏡の洗浄を行なっています。

腹部超音波検査
消化器疾患の検査の中で、腹部超音波検査は、まさに〝おなかの聴診器〟と言えると思います。この検査は、胆嚢をはじめ、胆管、膵臓、腎臓、脾臓などの臓器の診断に有効です。

胃レントゲン検査
バリウムを飲んで胃のレントゲンをとる検査です。

呼吸器科

喘息、肺気腫、肺炎などの内科的疾患を中心に、自然気胸、肺ガンなどの外科的適応のある呼吸器疾患を含めた診断・治療を行なっています。喘息、肺気腫、肺炎などの標準的な診断治療(ガイドライン)が確立されている疾患については、そのガイドラインに従って診療をします。
特に成人の気管支喘息の患者さんには悩んでおられる方が多くおられますが、確実な吸入ステロイド治療で大半の患者さんが発作から解放されます。気管支鏡検査は予約制で、ヘリカルCT検査は予約なしで受けていただけます。

外科

当院は滋賀医科大学外科学教室の関連施設であり、寺田院長を筆頭に安医師の常勤医師2名、非常勤医師2名の計4名で診療を行なっています。
外来では一般的なキズ(切り傷、擦り傷、ヤケド、魚の目、巻き爪など)の処置やデキモノに対する処置、小手術、イボに対する冷凍凝固治療などを行なっております。
専門外来として乳腺外来を毎週火曜日、金曜日の午後に行なっています。(担当:寺田院長)
また、手術は毎週木曜日を中心に行なっており、胃、大腸を中心とした消化器外科手術、腹腔鏡下胆嚢摘出術、ヘルニア(脱腸)、痔などの手術を行なっています。
治療に当たりましては、内科、消化器科との連携を密にした迅速な対応と患者様に優しい治療を心掛けています。

乳腺外科

女性技師によるマンモグラフィは好評です。
乳腺外来は、「湖南市の進行乳がんゼロを実現したい」「せめて、湖南市は100%早期乳がんに閉じ込めたい」そんな形で具体的に市民の健康を守りたいという思いから始まっています。実現のためには、貴女のちょっとした関心と医療機関の熱意が必要です。お気軽に受診ください。
滋賀医大で乳腺外科を主宰した医師(寺田院長)が
あなたの健康管理をやさしく支援します。

整形外科

肩関節の内視鏡手術を専門とし、肩腱板断裂・肩関節脱臼・スポーツ傷害肩などの肩関節鏡手術の経験は量・質共に、滋賀県ではトップレベルと自負しております。内視鏡手術は身体に対する負担が小さく、患者さんにとってメリットの大きな手術です。肩の痛みで困っておられる方、一度、当院整形外科にご相談ください。

担当医(田久保 興徳)略歴

脳神経外科

神経症状である痙攣、片麻痺、頭痛、歩行障害、めまい、意識障害、痴呆、しびれなどの症状を持つ患者さんの脳および脊髄の異常を外科的に治療いたします。

泌尿器科

泌尿器科外来では、尿路・男性性器の疾患について、その診断および治療にあたります。
すなわち、尿路感染症・尿路結石症・尿路外傷や前立腺肥大症・神経因性膀胱・尿失禁などの排尿障害、腎癌・膀胱癌・前立腺癌・精巣癌などの泌尿器科癌を対象疾患としています。
高齢人口の増加や食生活の欧米化に伴い増加している前立腺癌の確定診断を得るため、前立腺腫瘍マーカー(PSA)の高い患者様には前立腺針生検を勧めています。
検診で尿潜血を指摘された患者様には、腹部超音波検査や必要に応じて腎盂造影検査・腹部CT検査などの各種画像検査を行い、疾病の早期発見および治療を行える体制作りに努めています。
血液透析室では、維持透析を行っています。
ベット数は12で、月・水・金は夜間透析の希望にも対応しています。
ブラッドアクセス作成も当院で行っております。
週2回は夜診もあります
患者様の目線に立った平易で解り易い説明を行い、納得のいく医療が提供できるよう努めてまいりたいと考えております。排尿障害や血液透析に関して、どうぞお気軽にご相談ください。

ものわすれ外来

認知症の早期発見・早期対応を目的とした診療外来です。
認知症について不安や心配がある方に気軽に受診し、相談していただけます。
診察(診断や治療)のほか、相談・助言(認知症に対する対応や家族の対応など)を行います。

耳鼻咽喉科

花粉症、アレルギー性疾患、補聴器外来、中耳炎、蓄膿症などの診療を行っております。
しかし単に耳鼻咽喉の病気を治すだけではなく、患者さんの全体像を的確にとらえ、
心身ともに健康な状態に回復されるような診察をこころがけております。

眼科

屈折異常、角膜疾患、白内障、緑内障、眼底疾患、糖尿病性網膜症などの精密な検査や治療を行います。

放射線科

X線検査
X線検査では、放射線(X線)の透過性を利用し、胸部、腹部、骨などの撮影を行っています。
現在では、X線検査にもデジタル画像が導入され、画像処理、画像保管、通信が可能になりました。

CT検査
CTとは、コンピュータ断層撮影装置(Computed Tomography)の略で、放射線を照射し、コンピュータによる巧妙な画像処理技術によって人体の断面像を得る検査です。
CT画像は、X線写真に比べてより多くの解剖学的情報(臓器の位置関係,病変の大きさ)を得ることができます。また、必要に応じて造影剤という薬を使うことがあります。
当院では16列のマルチスライスCTを使用しており,従来のCTに比べ短時間で多くの情報を得ることができます。 また、最新の技術により少ないX線量で充分な画質を得ることができるので、被曝の低減にもつながります。
コンピュータ処理により3D(三次元)画像の作成も可能です。

X線透視検査
透視ではリアルタイムに画像を見ることができます。また,寝台部が傾斜にできるので被検者を必要な体位で検査することができます。

乳房撮影(マンモグラフィ)
マンモグラフィとは、乳房のエックス線撮影のことで、触っても判らないような早期の小さな乳がんを発見するのに大変有効な検査です。乳房は柔らかい組織でできているため、専用のレントゲン装置を使って撮影します。
マンモグラフィでは、早期の小さな乳がんは勿論、しこりを作らない乳がんを白い影(腫瘤影)や非常に細かい石灰砂の影(微細石灰化)として見つけることができます。また、悪性の病気だけでなく、良性のものも見つかります。撮影は一般的に両方の乳房を上下方向、左右方向からの圧迫板で押さえながら行います。
また、当病院ではステレオバイオプシ(生検)という検査も行っており、撮影画像だけでは確定診断ができない症例などにおいて、細胞または組織を採取し、より正確な病理学的診断が可能になります。

 ポータブル撮影
病状により検査室へ来られない患者さんの際は移動型X線装置により病室まで行き撮影します。

リハビリテーション科

当院リハビリテーション科の特色は、根本治療を目指しており、セラピストによる繊細な治療を施しています。
そのため、長期に渡り症状の改善が見られなかったり、
苦痛に悩まされていた方にも何らかの改善をもたらしています。
また、最近では脳梗塞後遺症などの脳血管性疾患の患者様も増加しており、現在、地元地域の皆様に大きな期待を受けるようになりました。
平成18年9月より訪問リハビリテーションを開始しました。ご利用の対象は介護認定を受けられた方で、通院によるリハビリテーションを受けることが困難な方です。ご利用に際しましては、担当のケアマネジャーへお申し込み下さい。

透析センター

泌尿器科と協力して腎臓疾患全般にわたり初期から保存期診療、さらに腎臓機能廃絶後の透析治療法まで一貫して行っており、慢性腎不全者を対象に血液透析部門を有しております。
透析台数は12台です。透析機は県内で最初に導入された自動プライミングと返血補助機能を備えた装置GC-210が設置され、安全かつ確実に透析を行なっています。また、透析困難症の患者さんには無酢酸透析ができる装置があります。
月曜日から土曜日までの午前中透析と、仕事をされている方には月、水、金の夜間透析を行なっています。
通院が困難な方には送迎させていただいており、入院透析も可能です。